Main

SND

Mille Plateaux / Raster Noton

SND

SNDはUK シェフィールド出身のMARK FELLと MAT STEELによるデュオ。 1998年に結成。 "click&cuts現象"とまで呼ばれたシーンの中心となるアーティスト。 Mille Plateauxからアルバムを3枚, raster-notonからの2009年4thアルバムをリリース。 プログラマーでもある彼らの音楽は、 ミクロに練り込まれたグリッチ音をミニマルかつ緻密に構成しながらも、常に躍動感を保持し続ける独自の ミニマル・エクスペリメンタル・サウンドを展開している。 無機質でいて脈打つ自然のような、計算されている一方でバグと戯れるような、不思議なグルーヴ感とリズム、そして絶妙の間。 今回、2008年以来4年ぶりの日本でのLIVEとなる。

www.makesnd.com / Movie

NHK

Mille Plateaux / Raster Noton

NHK

2006年, マツナガ・コウヘイとムネヒロ・トシオにより大阪で結成。  2008年、ドイツraster-notonからデビュー作"Unununium"を発表の後、国際的に作品発表を続け、 ヨーロッパを中心に活動している電子音楽ユニット。  即興性の高いリズムアプローチにより型に嵌らない歪なダブ・テクノビートを展開している。

www.nhkweb.info / Movie

AOKI takamasa

Raster Noton / op.disc

AOKI takamasa

1976 年大阪府出身。現在は大阪在住。
地球上で起こる物理的なものや人間そのものを含めた自然現象を、音や写真という媒体を通じて透徹した視点で写し出すアーティスト。

www.aokitakamasa.com / Movie

DUB-Russell

+MUS

DUB-Russell

東京を拠点に活動する首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。
2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellと して本格的に活動を開始。
2011年にはオンラインレーベル"+MUS"から"Grasp Echoes"をリリースし、自作の 音楽ソフトウェア"HSU-001"を同梱した同タイトルは各方面の反響を呼び高い評 価を受けた。
ライブにおいても即興的なプロセスで多層レイヤーを織り成し、次元をねじ曲げ たような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。

dubrussell.com / Movie

jealousguy

Ihatov Remains / Lo-Vibes

jealousguy

ジェラスガイ、高橋雅美。2003年、「personals(大桃隆志・高橋雅美)」というユニットで楽曲データを交換しながら音楽製作を開始。その後高橋雅美のソロ名義「ジェラスガイ」をスター ト。ピアノコラージュ、シンセ、レコードサンプリングを主にラップトップで音楽を制作。
2007年、VOLVOX RECORDSのコンピレーションアルバム、「A Prevalent Oscillation Base」に1曲参加。2009年「gaterecords」傘下の「taion」レー ベルや、「under tone」レーベルから配信のみで楽曲リリースし、2011年4月念願のフルアルバム「Hydration」を「Ihatov Remains」レーベルよりリリース。
北海道を拠点に数々のライブをこなし、2011年 7月にはFour Tet、9月にGOLD PANDAが来札時 に共演をはたす。
ライブではMPD18、PC、 サンプラーを使いながら、つんのめったビートやメロディーを構築。ライブ感を重視しフロアを盛り上げることに喜びを感じながらライブ 活動している。

jealo.blogspot.com / Movie

Special Guest

Keiichiro Shibuya

ATAK

渋谷 慶一郎

音楽家。東京芸術大学作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音響作品をCDリリース。代表作に「ATAK000+」、「ATAK010 filmachine phonics」など。
2009年、初のピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』をリリース。
2010年には『アワーミュージック 相対性理論+渋谷慶一郎』を発表。
以後、TBSドラマ『Spec』、映画「死なない子供 荒川修作」、2012年公開の「セイジ 陸の魚」「はじまりの記憶 杉本博司」など映画、テレビの音楽を立て続けに担当。
また国内外でマルチチャンネルによるサウンドインスタレーションを発表、コンサートも行うなど多彩な活動を展開している。

atak.jp

Takashi Ikegami

池上 高志

東京大学広域科学専攻教授。
1989年東京大学大学院理学系研究科、物理学修了。理学博士。
複雑系と人工生命を研究テーマとし、ダイナミクスからみた生命理論の構築を目指している。博士号取得後、自己複製や進化理論、ゲーム理論の研究。
近年は、油滴の自発運動の化学実験や、自律ロボットを使った実験もおこなっている。
また、第三項音楽を渋谷慶一郎と2005年より開始。filmachine(2006),MTM(2010)などをYCAMにて発表。07年それらの活動をまとめて成果「動きが生命をつくる」(青土社)として出版。
おもに人工生命の国際会議(ALIFE)に参加し、08年の人工生命国際会議の基調講演なども務める。国際ジャーナル(BioSystems,ArtificialLifeなど)の編集もおこなっている。

Visual

Tetsu Kondo

Tetsu Kondo

1999年ニューヨークより創作活動を始める。音響、絵、プログラミング、自作楽器制作、ソフトウェア開発、フィジカルコンピューティングなど、様々なメディアを融合し詩的な表現を続けている。

Movie

Daihei Shibata

WOW inc.

Daihei Shibata

WOW inc.にて展示映像、インスタレーション、TVコマーシャル、PVなどの企画・制作・ディレクション等に携わる。

www.daiheishibata.jp / Movie

Akihiko Taniguchi

思い出横丁情報科学芸術アカデミー

Akihiko Taniguchi

1983年生まれ。
自作のデバイスやソフトウェアを用い、パフォーマンス、インスタレーション、映像作品などを制作する。
主な展覧会に「ダングリング・メディア」(「オープン・スペース 2007」内「エマージェンシーズ!004」 ICC 2007)、「Space of Imperception」(Radiator Festival イギリス 2009)、「redundant web」(インターネット上 2010)など。

okikata.org / Movie