MAIN FLOOR:

RYOICHI KUROKAWA
黒川良一


1978年大阪生まれ。ベルリン在住アーティスト。現代美術、メディアアートの分野で活動。
マルチチャンネルの映像/音響の3次元的な現象により、新しい共感覚的体験を導く作品を制作している。
1999年よりビデオおよびサウンド作品の制作を開始し、以来映像/音楽をとりまく国内外の様々なアート
フェスティバルにおいてインスタレーション展示、オーディオビジュアル作品のスクリーニングを行う。
またHUMAN AUDIO SPONGE(元YMO: 現Sketch Show + Ryuichi Sakamoto)などミュージシャンのための
ライブビジュアルの上演も行っており、CDやDVDのフォーマットでリリースされている作品も多い。

過去の展示、上演にはテート・モダン[UK]、アルス・エレクトロニカ[オーストリア]、MUTEK[カナダ]、
MACBA[スペイン]などがある。
インスタレーション作品 "rheo: 5 horizons"がアルス・エレクトロニカ2010のDigital Music &
Sound Art部門で大賞にあたるGolden Nicaを受賞するなど、近年さらなる国際的な評価を獲得している。


http://www.ryoichikurokawa.com/

evala (port, ATAK)


サウンド・アーティスト。port主宰、ATAK所属。
先鋭的な電子音楽作品を発表し、国内外でのパフォーマンスを行う一方、様々なメディアや実空間への
サウンド・デザイン、先端テクノロジーを用いたインタラクティヴ・プログラムなど、音を主軸に
その活動は多岐にわたる。
昨年リリースした自身の最新アルバム『acoustic bend』(port/2010)は、フィールド・レコーディングを
かつてない手法で位相変換した立体的で高密度なサウンドにより「10年代最初の音楽的進化を成し遂げた
革新的アルバム」と評され、大きな話題を呼んだ。
最近では、渋谷慶一郎(ATAK)とともに24.4chの立体音響インスタレーション『for maria anechoic room
version』をNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)の無響室をはじめ国内外で発表するほか、
ラップトップ・デュオ ATAK Dance Hallも始動。
また、川口隆夫(Dumb Type)やGRINDER-MANの新作パフォーマンス公演において360度をめぐるマルチchで
音楽を手がけるなど、旺盛な活動を展開。その卓越した聴力と技術精度、鮮烈な音楽性は世界的に比類なき
レベルに到達していると、現在最も注目を集める電子音楽家のひとりである。


http://port-label.jp
http://evala.org




2nd FLOOR:

Katsuhiro Chiba


電子音楽家。
デジタル音響処理にも造詣が深く、ラップトップ・インプロヴィゼーションを目的としてMaxMSPで作成された
ソフトウェア「cyan/n」の作者としても知られる。
2007年、moph recordsのコンピレーションアルバム「sneaker」に参加。
近年は戸田誠司率いるkappaでも活動。
2011年3月リリースのファーストアルバム「Silent Reverb」では、技術者肌らしく自らデザインしたソフト
ウェアによる電子音を駆使する一方、初秋の風のような透明感と柔らかさを伴った詩的な世界観を展開。
独特のバランスで注目を集めている。


http://www.audiooo.com/

hazcauch (vol.4 records)


hideki masatani(born 1987 hyogo japan)
project - [ hazcauch ]


http://soundcloud.com/hazcauch



ホワイエ(ロビー)

LiFETONES+岸本智也


生活(LIFE)における音や映像(TONE)の在り方をテーマに活動するプロジェクト。
現在、プロジェクトの一環として、さまざまなアーティストを招致して、スマートフォン向けデザイン着信音を展開している。 映像や音楽の多様性を損なわず、共存させる新しい時代のプラットフォームづくりを目指している。


特設サイト http://lifetones.net/brdg4/
http://www.lifetones.net/ja/#