MAIN FLOOR:

RYOICHI KUROKAWA
黒川良一


1978年大阪生まれ。ベルリン在住アーティスト。現代美術、メディアアートの分野で活動。
マルチチャンネルの映像/音響の3次元的な現象により、新しい共感覚的体験を導く作品を制作している。
1999年よりビデオおよびサウンド作品の制作を開始し、以来映像/音楽をとりまく国内外の様々なアート
フェスティバルにおいてインスタレーション展示、オーディオビジュアル作品のスクリーニングを行う。
またHUMAN AUDIO SPONGE(元YMO: 現Sketch Show + Ryuichi Sakamoto)などミュージシャンのための
ライブビジュアルの上演も行っており、CDやDVDのフォーマットでリリースされている作品も多い。

過去の展示、上演にはテート・モダン[UK]、アルス・エレクトロニカ[オーストリア]、MUTEK[カナダ]、
MACBA[スペイン]などがある。
インスタレーション作品 "rheo: 5 horizons"がアルス・エレクトロニカ2010のDigital Music &
Sound Art部門で大賞にあたるGolden Nicaを受賞するなど、近年さらなる国際的な評価を獲得している。


http://www.ryoichikurokawa.com/

NHK (Raster Noton/Skam Records/Important Records)


Kouhei MatsunagaとToshio Munehiroにより2006年に結成。2008年 ドイツのレーベルRaster-notonから
"Unununium"を、2010年にはアメリカImportant Recordsから"Special"をリリース。ヨーロッパを中心に
活動し、即興性の高いアプローチにより、型にはまらない歪なダンスミュージックを生み出している。

Kouheiは1998年、ドイツの音響派レーベル Mille Plateaux より1stアルバム『Upside Down』を発表。
以後、世界中数々の前衛/先鋭レーベル, Skam Records, Raster Noton, Important Records, Wordsound等から
さまざまにリリース。また、Merzbow, AutechreのSean Booth, Mika Vainio(Pan sonic), Conrad Schnitzler,
Asmus Tietchens, Rashad Becker,Puppetmastaz crew, SleeparchiveやSensational等の電子音楽家と
交友を深め音楽制作を共にしている。現在Kouhei Matsunagaはベルリン・Toshio Munehiroは東京在住。


http://www.nhkweb.info/

Typingmonkeys
平川紀道 + 野口久美子


古典アナログコンピュータは連続量を扱う(たとえば電圧)。
位置や速度や圧力や体積といった古典量は連続的なので、古典的なダイナミクスをシミュレートする
アナログコンピュータもまた連続的でなければならない。

一方、古典デジタルコンピュータは離散量を扱う。ビットが離散的だからだ。
古典デジタルコンピュータは、連続量を離散的な値に変えて扱うことになるのだ。

宇宙をプログラムする宇宙
いかにして「計算する宇宙」は複雑な世界を創ったのか?

著者 セス・ロイド
訳者 水谷 淳


http://typingmonkeys.jp




2nd FLOOR:

DUB-Russell


ダブラセル(+MUS/TMUG)。東京を拠点に活動する、首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。
2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動を開始。
自ら開発したソフトウェアを用いエレクトロニカ、ブレイクビート、アンビエント、ダブ、ノイズなど様々な
ジャンルの音楽を即興的に再構築するスタイルで国内外から高い評価を受けている。

2011年4月に渋谷WWWで開催された「APMT NIGHT」において、満員のオーディエンスからひときわ
喝采を浴びたパフォーマンス、またその直後に+MUS(プラマス)よりリリースされ各方面に衝撃を与えた
ミニアルバム「Grasp Echoes」も記憶に新しい。
次元をねじ曲げたような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新な
サウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。


http://dubrussell.com/

m_e_t_o_m_e


1988年生まれ、大阪府出身
2010年からソロでの活動を開始する
音楽を軸にグラフィック、映像、インスタレーションなど多岐にわたる活動をしている。
現在は次回作の音楽、映像作品の制作に取り組んでいる


http://metome.dousetsu.com/metometop.html

Takeshi Kagamifuchi


Hz-records所属。東京在住。
幼少時にバイオリンをはじめ、後にギタリストとしてアーティスト活動を開始。
自身が参加するバンドへのコンピュータ導入をきっかけに、2007年から電子音楽の制作を始める。
“無機物が有機的に織り成す空間”をコンセプトに、ストイックであり微細な生命を感じるトラックを手掛ける。
DJとしても稀に活動している。


http://takeshikagamifuchi.blogspot.com/




ホワイエ(ロビー)

LiFETONES+岸本智也


生活(LIFE)における音や映像(TONE)の在り方をテーマに活動するプロジェクト。
現在、プロジェクトの一環として、さまざまなアーティストを招致して、スマートフォン向けデザイン着信音を展開している。 映像や音楽の多様性を損なわず、共存させる新しい時代のプラットフォームづくりを目指している。


特設サイト http://lifetones.net/brdg4/
http://www.lifetones.net/ja/#